3 現在取り組んでいる活動のお知らせ

 首脳会議において協議し、集中して検討を行うことを決定した項目については、首都圏連合協議会で検討を行っています。

 現在検討中の項目は次のとおりです。

若年層における交際相手からの暴力(デートDV)の未然防止対策への取組
  若年層における交際相手からの暴力、いわゆるデートDVによる被害は、近年深刻さを増してます。
  デートDVの認知度は、DVと比べ低く、知らぬ間に被害者・加害者となる恐れがあり、当事者意識の醸成が必要です。
  デートDVの加害者・被害者を一人でも減らせるよう、デートDVの認知度向上への取組について、検討しています。(平成28年10月~)

「働き方改革」の実現に向けた取組
  「働き方改革」を進めるに当たっては、社会の発想や制度の大きな転換が必要になるとともに、各都県市が職員の働き方をもう一度見つめなおし、自治体職員の新たな働き方を議論していく必要があります。
  そこで、各都県市の職員の働き方の現状を踏まえた、多様で柔軟な働き方が可能となる「働き方改革」の実現に向けた取組について、検討しています。(平成28年10月~)

妊娠・出産・不妊に関する知識の普及啓発
  晩婚化が進む社会で不妊の問題は以前よりも深刻となっています。また、不妊治療は夫婦そろって取り組むことが重要です。
  そこで、妊娠・出産・不妊に関する知識を早い段階で身に付けられるよう周知し、子どもを望む夫婦が、早期に、そろって不妊検査や不妊治療を受診する意識の向上を図る取組について、検討しています。(平成28年10月~)

ダイバーシティの推進に向けたLGBTへの配慮
  少子超高齢社会を迎えた我が国が活力を維持し、今後も発展を続けていくためには、ダイバーシティの推進が重要です。しかし、我が国の多様性社会への適応はいまだ途上であり、これまで以上に対策を進める必要があります。
  そこで、LGBTへの適切な対応や支援、正しい知識の普及啓発等について、検討しています。(平成28年10月~)